わかば療育園「はみんぐ」

ホーム > わかば療育園「はみんぐ」

はみんぐ

概要

わかば療育園「はみんぐ」
定員20名

わかば療育園「はみんぐ」は発達障害のあるお子様に対して、一人ひとりの発達状況に配慮した個別療育プログラムに基づく通所療育を行います。

はみんぐの理念 3つの『わかる』

人がわかる … 対人認知を育みます。
枠がわかる … 自己感覚、自分の居場所、ルールの理解を育みます。
人が自分にとって大切な存在だとわかる … 他者が自分にとって大切で、役に立つ存在であるという理解を育みます。


ご利用案内

対象者

発達障害のある幼児期から18歳未満のお子様

療育内容
個別療育
認知やコミュニケーションの発達を育みます。一人ひとりの発達状況に応じた課題を設定し、子どもさんとスタッフが1対1で関わります。保護者の方に見学していただき、子どもさんの状態を共有します。
グループ療育
コミュニケーションの発達、集団適応のための社会性や自立機能を育みます。一人ひとりの発達状況に応じてグループに分け、指導を行います。保護者の方に見学もしくは直接関わっていただき、子どもさんの状態を共有します。
発達検査
発達検査を個別で行います。その後、保護者の方と子どもさんの発達状況について共有し、今後の療育について話し合います。
保護者相談
定期的に保護者の方と子どもさんの発達状況について共有し、今後の療育について話し合います。
個別療育プログラムの調整や確認を行います。
関係機関連携
学校や保育園、幼稚園、医療機関、相談機関などと連携を行い、子どもさんの発達状況について共有し、今後の療育について話し合います。
保育所等訪問支援
心理士などの専門職が、保育所や幼稚園などを訪問し、園に在籍する障害児が障害児以外の児童との集団生活に適応することができるよう、個々の発達の特性に配慮するなど、児童の発達に必要な助言などを行います。
利用日時

毎週月~金曜日(国民の祝日及び12月29日~1月3日は除く)
午前9時~午後5時(受付時間:午前9時~午後5時45分)

週間スケジュール
 
午前 個別 個別 個別 個別 個別
午後 個別・
グループ
個別・
グループ
個別・
グループ
個別・
グループ
個別・
グループ
利用料金

福祉サービス利用者負担金 及び 教材等の活動費 1回100円

利用までの流れ
  1. 必要に応じて、わかば療育園等の医療機関での医師の意見書をもらいます。
  2. 各市町村の福祉課の窓口で児童発達支援,放課後等デイサービス,保育所等訪問支援の利用申請手続きをします。(意見書と印鑑が必要です。)※意見書の必要性は市町によって異なります。
  3. 自宅に通所受給者証が届きます。
  4. わかば療育園「はみんぐ」にご連絡いただき、利用契約日の予約をします。
  5. わかば療育園「はみんぐ」に来所し、利用契約を結びます。(受給者証と印鑑が必要です。)
  6. 通所します。

※随時、ご利用に関すること、施設説明や見学を承っております。お電話にてお気軽にお問い合わせください。

わかば療育園小児科の初診について

ご予約について

わかば療育園外来受付で予約が必要です。予約はお電話で可能です。

TEL/082-428-6672 
初診日/毎週木曜日 午後1時~(要予約)

連絡・お問い合わせ先

〒739-0133 広島県東広島市八本松町米満198-1
広島県立障害者療育支援センター わかば療育園「はみんぐ」
TEL/082-428-6672
FAX/082-428-6670
Eメール/info@ryoiku-hiroshima.gr.jp

ページ上部へ戻る


広島県障害者療育支援センター
広島県が設置し、広島県福祉事業団が運営する障害児(者)のための総合福祉施設です。
わかば療育園
重い知的障害と重い肢体不自由のある人たちのために支援を行う、医療型障害児入所施設です。
松陽寮
利用者一人ひとりのニーズや特長に応じた支援を行う、障害者支援施設です。
  • スタッフブログ
  • 機関誌情報